シニアライフ&水彩画

シニアライフに彩りをと始めた水彩画は未だに拙画の域ですが御笑覧ください。

スケッチ会での体験記

スケッチ会想定外の体験記(チョット長文です)

所属している教室のスケッチ会は兵庫県公館周辺を描くことになり、一昨日参加しました。
過去に公館の正面と東庭園から栄光教会を描いているので、今回は下山手通りから
栄光教会を描いてみようと兵庫県警正門脇の歩道にイーゼルを構えました。
快晴に恵まれたけれど時折の突風に悩まされ水彩道具が吹き飛ばされないかと神経を使いながらのスケッチでした。
しかしこの間、想定外の出来事を体験する羽目になりました。
それは私が描いている目線の直近6~7mのところに平気で一時停止し駐車するドライバーがいるのです。
それも私がスケッチしている最中の2時間で4台も同一地点にです。
「あんた。前方不注意だよ、車の前で私がスケッチしているのが運転席から見えへんか?免許証持ってんの?」と
言いたくなるのを堪えていましたが、さすがに3台目が駐車した時にはカチンと来て「あんた、ここは兵庫県警本部の門前だよ。
よう平気で駐禁無視なさるね。正門の守衛警官から丸見えやけどね」と注意喚起しました。
世の中には無神経な輩がハンドルを握っているのですね。

スポンサーサイト

モデルはMさん

小柄で笑顔がチャーミングなモデルさんでした。普段着のモデルさんだったのですが上衣がグレー色で
バックの色付けに腐心しました。というのはグレーに合いそうなバックの色選びが未熟な私には分からないのです。
入念に時間をかけてデッサンをしたのに顔のパーツを描くと不思議に体型が狂ってしまうのです。原因が未だに分からない。
分からないことだらけです。
この絵も頭でっかちになっていることに着彩途中で気付き懸命に修正を試みましたが水彩画はもう取り返しが付きません。
完全に失敗作です。ではどうして失敗作を厚顔平気でアップするのかと吾が人間性を疑われる御仁もおられるかと思うのです。
どうか善人の皆様よ、水彩画は 失敗して何ぼと認めてやってください。

今日のモデルはMさん

今年二度目の浮見堂スケッチ

今年2度目の奈良公園浮見堂スケッチで過去から通算4度目の再訪です。
経験を積む程良い絵が描ける保障などどこにもない。
浮見堂のある鷺池の桜は満開だったが白抜きして桜色を施す筈だったその箇所に
うっかりしてファストウォッシュのイエローを塗ってしまい、のっけから失敗する始末。
花冷えの寒さの中、今回は過去最低の出来だった。

奈良公園浮見堂

立ちポーズ

立ちポーズ
いつもは人物画にはアヴァロンを使っていますが、この日の人物画は先月購入したばかりのラングトン・プレステージを開封して教室で着彩してみたらウェットインウェットが効かず風邪ひきのよう。新品購入やのになんでやねん!
先生が巡回指導に来られ描いてくださったら何の問題もなし。なんでやねん?
吾が腕の未熟さ故でした。

立ちポーズ

早春の夙川公園

一昨日はポカポカ陽気。春の到来につられて所属しているクラブのスケッチ会が夙川公園だったので参加しました。
夙川公園は桜の名所。しかし当てが外れて開花前の蕾膨らむ状態でした。
夙川公園は二回スケッチしたことがあるのですが案外ポイントが見当たらないのです。
この日も彷徨い続けて小一時間の無駄足を踏んでしましました。過去二回と同じ轍の繰り返しです。
やむなく絵になりそうな景色を短時間で仕上げることにしました。
主役に相応しいモチーフがないので公園を行き交う人をメインにしてみました。
しかし人物点景の表現は難しいです。
どんな景色でも、例えば石ころでも絵にしてしまえる達人が羨ましいです。

夙川公園

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

QP

Author:QP
ハンドルネームのQPは幼き頃の渾名です。
水彩画なんて学生時代に図工で描いて以来、実に50年ぶりのこと。
描くことで左脳が刺激されメンタルトレーニングにもなっています。
心豊かな日々を過ごせるようになりました。
皆様に共感して頂ける絵を探求したいと思います。

ジャンル

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん